Home > 偉人名言 > 武士・武将 >

聖徳太子の名言・格言|自分より優れた人間を

作者:聖徳太子
[拍手:]
スポンサーリンク





嫉妬の気持ちを持ってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いは果てしない。だから、自分より英知が優れている人がいると喜ばず、才能が勝っていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者に会うことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者と言われる優れた人材がなくては国を治めることはできない。
【聖徳太子、しょうとく・たいし。6世紀末から7世紀初頭、飛鳥時代の皇族、政治家。推古天皇のもとで蘇我馬子とともに政治を行い、遣隋使の派遣、冠位十二階や十七条憲法の制定などを行い、国際情勢が緊張する中で日本を中央集権化し強力な国家体制を作り上げた。日本銀行券(日本の紙幣)の100円札、1000円札、5000円札、一万円札に肖像が使われた。】
---------------------------------